借金まみれ体験談

借金まみれ体験談

借金が多い、借金まみれの友達がいます。
そんな友達のことをブログで書いていきます。

 

借金するのは、友達だけではなく芸能人も借金している人が多いようです。
芸能人で借金している人も紹介します。

 

こんなふうにならないようにお気をつけ下さい。

田代まさしは、シャネルズ(後のラッツ&スター)のメンバーとして、歌手デビューのタレントで、1980後半から1990年にかけては、お笑い寄りのタレント、特にひな壇芸人として活躍していました。当時の愛称は、マーシーでした。「ダジャレの帝王」、「ギャグの王様」、「小道具の天才」とも呼ばれていました。
2000年に女性に対しての盗撮がばれて、その後、芸能界に復帰したものの、2001年に風呂を覗こうとして捕まり、さらに、覚せい剤を所持していたことで、テレビ界からは追放されたのでした。
復帰して、番組の収録にも参加していたおかげで、逮捕による番組のお蔵入りなどが発生し、賠償金を請求されました 。その金額は8000万円となり、芸能活動しない田代まさしにとって巨額な借金になりました。
後に3回目の逮捕があり、実刑判決で懲役。2010年の4回目の逮捕時には、痩せこけた姿がすごくみずぼらしくなり、見ていられませんでした。
現在、2回目の懲役中です。

続きを読む≫ 2013/12/06 11:40:06

羽賀研二の借金
羽賀研二は、沖縄出身のイケメンタレントで、一時話題の人でもありました。アメリカと日本のハーフでもあります。初代いいとも青年隊でもあります。
話題になったのは、梅宮アンナとの交際のことで、父・梅宮辰夫が猛反対していたのは、記憶に新しいところです。交際の反対理由の一つに、巨額の借金額があったことが挙げられます。借金額はおおよそ3億円といわれています。
借金は、怪しい外車のブローカーやったり、タレントショップの経営がうまくいかなかったことにあります。所詮ダメ人間を好きになった、梅宮アンナは結局”だめんず”のひとりだったということですよね。
その後、交際は破局して、羽賀研二は、未公開株 を元値を隠して高値で売りつけ債務を逃れようとした容疑で、元プロボクサーの渡辺二郎らとともに逮捕され、詐欺・恐喝未遂の罪で起訴されました。実刑判決で、懲役6年らしいです。
2013年3月に懲役6年の判決ということは、出所は2019年なんでしょうか。それとも、もっと借金して釈放されるんでしょうかね。

続きを読む≫ 2013/11/26 23:26:26

高橋由伸といえば、読売ジャイアンツの大スターで、超有名選手でもあります。
プロになる前から、.注目されていて、強肩強打で、堅守、そして足が速いという、三拍子の揃ったレベルの高い選手として、ドラフト1位で巨人を逆指名しました。
本人が本当に行きたかったチームはヤクルト。六大学でも、リーグ戦を行っていた神宮球場でPLAYすることを本人も望んでいました。しかし・・・・。
巨人が、巨人の父親が経営する不動産会社が火の車で、その会社の借金を読売が肩代わりすることを条件に入団させたというのが定説になっています。その額は60億円だそうです。記者会見の苦渋の表情が忘れられません。
巨人も 、それを高橋由伸から回収するために、成績が落ちた昨今でも、使い続ける。傍目からみれば、既に限界を超えていて引退してもおかしくない年齢なんです。
成績をおとしても、トレードの話もない。まさに飼い殺し状態・・・。
ウルフというあだ名はドコいっちゃんでしょうね。ウルフというよりか犬ってところでしょうか。
借金返済

 

 

 

続きを読む≫ 2013/11/20 22:33:20

ミスタータイガースこと、掛布雅之氏はかつては、阪神タイガースの4番バッターで、ホームラン王にもなったことのある功労者でもあります。しかし、引退後、普段の生活では借金のホームラン王でもありました。
近年、経営していた店舗の不振により多額の負債を抱え、自宅も差し押さえを受けていると報じられていました。そして、日本テレビでの野球解説の仕事も剥奪され、収入は一気に減りました。すべて2008年の出来事です。
ちなみに、大手テレビ局の野球解説は、年間で、ウン千万と言われていて、球団に残ってコーチをするよりも高かったといいます。特に掛布は、球団とモメていた経緯もあり、野球開設者という道を選んだしょ う。でも、クビになってしまえば、ただのオッサンになってしまいました。
そして、いまでは、阪神で臨時とは言え、コーチに復帰。球団も過去の遺恨はないようにと、とりあえずは臨時なんでしょうね。ゆくゆくは、コーチ→ヘッドコーチ→監督になる日がくるかもしれませんね。

 

続きを読む≫ 2013/11/17 22:10:17

今から10年くらい前に借金まみれの友達と出会いました。その時は20代前半の社会人になりたての頃の話です。

 

社会人になりたての頃は、給料も安く、生活は本当に貧しかったようです。
給料がでるのになぜそんなに、お金がないんだろうって思ってくわしく聞いたら給料がでた日に、友人と飲みに行ってたくさん飲むようです。
その時の飲み代が給料の1/4・・・。飲んじゃってたようです。

 

あるとき、某デパートの一階で、家電品が並んでいました。憧れの20インチテレビ・・・。会社の寮のマイルームには14型のリモコンのボロテレビじしかなく、「こんなの欲しいな・・・。」とつぶやきました。
すると、デパートの店員が購入をしつこく勧めてきました。
しかし、ほんとうにお金が無かったので、「お金がないから無理」といいました 。
すると、某デパートのクレジットカード作成とそれでの購入をススメられて、ねばられた末に、とうとうカードローンで、テレビを買ってしまったんです。物欲に負けました・・・。
それからというもの、借金持ちの割には気持ちが大きくなり、次から次と、カードで買い物をしまくり、挙句に、キャッシングも覚えて、気づいたら、首も回らないくらい、毎月の支払いをするようになったのです。

 

続きを読む≫ 2013/11/01 15:04:01
ホーム RSS購読 サイトマップ